2007年08月03日

ホテル・ルワンダ/テリー・ジョージ/南アフリカ=イギリス=イタリア(2004年)

ホテル・ルワンダ

ホテル・ルワンダ(84点)

いったい何をすれば事態はなくなるのか。
事実だけは認識しておきたい。


ご存知の通り近代において例が無い規模の内戦で、100万人もの死者を出したいたたまれない事実が元になっている。

但し、これが我々日本人に響いているのかと言われれば別だろう。

アメリカ、イスラエル、イラクなど、人種や宗教が原因の戦争やテロは後を立たない。
第二次世界大戦後より、一連の惨劇に接点のない日本人としては、どうしても戦争は過去のものになっている。

この映画を観た直後であれば多少は複雑な心境になったりする人もいると思うが、僕がこの映画を観た時思ったことは結局、「すげー」「えぐい」とかいった、平和ボケした愚直な感想だった。

やっぱり、どうしても身近なものとは感じられなかった。

以前ネパールに行った時、宗教間の紛争で街には機関銃を持った兵士が多く練り歩き、反勢力の対象となる交通機関が全て麻痺していたことがあった。

僕はかなりびびりながら、街を歩いていたのだが、一般の人はいつもと変わらない生活をしていた。
思わず僕は近くのネパール人に尋ねた。

「この状況は大丈夫なのか?」と。帰ってきた応えは

「僕ら一般人には関係のないことだよ」

それだけだった。北朝鮮問題における日本人のようだった。
確かに考えても仕方のないことだから、そうするしかないだろうか。

教育が行き届けば、後進国では先進国への憎悪が沸き、先進国では経済へ走る。

いったいどうすれば、事態はなくなるのだろう。
blogランキング/  映画ブログ

▼amazonで詳細を見る
ホテル・ルワンダ

▼関連作品
ガンジー 25周年記念特別版
マルコムX
ジャマイカ楽園の真実 LIFE&DEBT

>>オススメ映画一覧へ
posted by ラリーバード at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(2) | 南アフリカ
e-onkyo オンキョーサイバーショップ
迫力ホームシアターを楽しむ

Apple Store(Japan)
Apple store限定商品で差をつけよう♪

HMVジャパン
SALE情報満載!輸入盤が安い
モノ・マガジン オンライン
こだわりの逸品を探す

マウスコンピューター/G-Tune
超ハイスペック使用でこの値段

PLANET GREEN e-store(ザ・ノース・フェイス)
お手頃価格な本格アウトドア用品

カテゴリ
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。