2007年07月29日

オール・アバウト・マイ・マザー/ペドロ・アルモドバル/スペイン(1999年)

オール・アバウト・マイ・マザー
オール・アバウト・マイ・マザー(83点)

人間としての強度が高すぎるところが、この映画をダメにしている。

息子の死。実の娘のように可愛がった女性のHIV感染、そして死。
その女性を死に追いやった元旦那へすら情けを掛ける主人公。

客に殴られようと、偏見の目を向けられようと超前向きな売春婦(オカマ)。
献身的に弱者を助けるお金持ちの娘。

日本で言えば昭和の女性のような、目の前にある現実を全て受け入れてしまう強さがある。
主人公にいたっては、やんちゃなキリスト教徒のヒーローみたいな印象すら受けた。
その強度以上に、目の前に起こる現実が神がかってもいた。

ただこれが、方向は違うが、古い映画のハッピーエンド的なエンターテイメント性により、何かを考えさせられたり、共感したりするようなことはできない。
ストーリーに新鮮さがあるので、面白いが、絶賛されるような映画ではないと思う。

女性からの賛辞が多いので、男にはわからない感覚なだけかもしれないが。

個人的には、「ペニスっていう響きって、興奮しちゃうわ」。このセリフに一番グッときた。すいません。
blogランキング/  映画ブログ

▼amazonで詳細を見る
オール・アバウト・マイ・マザー

▼関連作品
トーク・トゥ・ハー リミテッド・エディション
バッド・エデュケーション
死ぬまでにしたい10のこと

>>オススメ映画一覧へ
posted by ラリーバード at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン
e-onkyo オンキョーサイバーショップ
迫力ホームシアターを楽しむ

Apple Store(Japan)
Apple store限定商品で差をつけよう♪

HMVジャパン
SALE情報満載!輸入盤が安い
モノ・マガジン オンライン
こだわりの逸品を探す

マウスコンピューター/G-Tune
超ハイスペック使用でこの値段

PLANET GREEN e-store(ザ・ノース・フェイス)
お手頃価格な本格アウトドア用品

カテゴリ
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。